なたで日記

いろいろな思ったこと書きますヽ(^▽^ゞ)

Google Authenticator を引っ越ししたときの話

time 2018/07/24

Google Authenticator を引っ越ししたときの話

はじめに

Google Authenticator」というものをご存知でしょうか

iPhoneやアンドロイドで利用できるアプリでして、
二段階認証が行うことができるソフトとなっています。

今回、新しいiPhoneへ移行したときに、
Google Authenticator も移行したのですが、
このとき発生した問題についてまとめます。

問題

これまでのiPhoneの引っ越しの感覚で、
iTunesを使用して、ボタン2、3回で終わると思っていたのですが、
「Google Authenticator」で問題が発生しました。

Google Authenticatorを起動すると次のような画面がでるのです。

2段階認証プロセスでGoogleアカウントにログインするには必ず、
パスワードの他に、このアプリで作成するコードが必要になります。

・・・?

あれ、Googleアカウントに結びつけられた
メールやカレンダーは復旧できたけど、
これは自動で復旧できないのかな?

下の設定でGoogleアカウントにログインできないのかなー
と下の「設定」を押してみる。

・・・!?

  • バーコードをスキャン
  • 手動で入力

え・・・?
これは、Googleアカウントへのログイン方法のことか?
しかし、何か様子が違うような・・・

原因

実は「Google Authenticator」は
Googleアカウントと結び付きをしていないのです!

なので、
「バーコードをスキャン」「手動で入力」
といった項目は、新たに二段階認証を行いたい
アプリを増やす追加の設定のボタンなのです。

久しぶりにこのアプリ使ったのでそれを忘れていて、
Googleログインができるものかと思っていました。

というわけで、
「Google Authenticator」でこれまで登録していたサイトについては、
新たに、サイトで二段階認証の再設定を行い、
アプリに登録する必要があるのです。

解決策

私の場合は、以前のiPhoneに、
認証済みの「Google Authenticator」が入っていたので
それを使ってサイトにログインし、全て二段階認証を解除しました。

私は偶然助かったのですが、
もし、以前の「Google Authenticator」を消してしまった場合は、
そもそも二段階認証を解除しようにも、サイトにログインができないので、
つむでしょう・・・あぶなかったー!

恐らく、救済処置としてサイトの管理者に連絡するなどすれば
ログインできるようになるかもしれませんが、
身分証明などはかなり面倒かと思います。

おわりに

Googleのアプリなので、Googleにログインすれば
紐づけ的に復旧できると思ったのですが、まさか復旧できないとは。

というわけで、Google Authenticatorを使用している方は気を付けましょう。

SMSの二段階認証ならよいですが、
アプリを使った二段階認証もオフにしておいてもよいかもねー。

コメントを残す




プロフィール

なたで

なたで

明るくて楽しいことが好きです!モノづくりや旅が趣味です!

RSS フィード RSS feed GitHub GitHub Twitter Twitter YouTube YouTube



sponsored link

タイムライン