さくらサーバーでのWordPressの自動インストール先

Web
スポンサーリンク

はじめに

ネットでロリポップとさくらサーバーとの比較サイトをみていると、

ロリポップ!サーバーの自動WordPressを簡単にインストールできる機能では、ドメイン直下にインストールできます。

“ドメイン”とは、ホームページの住所のようなモノです。例えば「http://●●●.net/」の「●●●.net」部分のことを指します。

でも、さくらのレンタルサーバーの簡単インストールではできません。必ず「http://●●●.net/wp/」の赤字箇所のように、名称をつけなければなりません。これが何を意味しているかというと、WordPressのトップページのアドレスが「http://●●●.net/wp/」になってしまうのです。

「かっこ悪いから「wp」をなくして「http://●●●.net/」にしたい」と初心者の方がへたにWordPressをいじってしまうと表示画面が真っ白になる!という不具合が生じる可能性が高いです。

鯖メシ様の「ロリポップが さくらのレンタルサーバを超えた2つの理由|比較結果」から引用

という記事がありました

もしかしたら

wp」にインストールした場合、アドレスに「wp」を入れないとアクセスできないのでは?

と誤解を与えてしまう可能性があったり、色々誤解を与える可能性があると思ったため少し解説したいと思います。

さくらサーバーはドメインの対象フォルダの設定ができる

さくらサーバーで契約をすると、IDをとることとなります。例として、hogehogeというIDをとったとしますと、初期ドメインが「hogehoge.sakura.ne.jp」になります。

ドメインを取得すると、自分のさくらサーバーのアカウントからアクセスして設定に入ることが可能です。

設定に入ると、ドメインのID(hogehoge)とドメイン(hogehoge.sakura.ne.jp)も表示されます。

ここでさくらサーバーのフォルダ構成を紹介します。

/home/hogehoge/	 ... 自分のルートディレクトリ
/home/hogehoge/log/ ... Webサーバーのログが記録される
/home/hogehoge/db/  ... MySQL
/home/hogehoge/MailBox/  ... メール
/home/hogehoge/www/	  ... Webサーバーの参照先(http://hogehoge.sakura.ne.jp/ がここ)
/home/hogehoge/www/test/ ... Webサーバーの参照先(http://hogehoge.sakura.ne.jp/test/

そして、WordPressをインストールする場合は、必ずディレクトリの中に入れないといけません。

例えば、ディレクトリ名をwpにしたとすると、

/home/hogehoge/www/wp/ 内にインストールされる。
301 Moved Permanently
でアクセス可能となる。

そう、ここまで先ほど紹介したブログの内容と同じです。

しかし、ブログでは伝えていない重要なことがあります。

さくらサーバーでは、独自ドメイン(例えば、http://hogehoge.jp)を使った場合に、独自ドメインの対称フォルダを「wp」内に設定しておけば、wpをつけなくてもいいのです。

独自ドメインと聞くと有料のイメージがあるかと思いますが、さくらサーバーでは、無料で自由にアドレスを作ることも可能です。

以下のように、さくらサーバーが取得したアドレスを選び、サブドメインを自由に変更ができます。

例として、さくらサーバーの無料の独自ドメインでtest1.gokujou.jpを取得してみました。後は、作成したアドレスを選択して、参照先のフォルダを設定すればよいのです。

簡単でしょ!

この仕様について

/www/直下にインストールできない仕様に関して、初心者の人には分かりにくいかもしれません。恐らくさくらサーバーは、フォルダ内に入れて使用することを想定していたかと思われます。

パソコンで言うとデスクトップにインストールするようなものなので、フォルダをつくって、中にインストールしたほうが整理しやすいということです。

おわりに

sakura.ne.jpのドメインを使用したければ別ですが、フォルダ内にしかインストールできないというのは特に問題にならないと思われます。

ところで、Google AdSense を契約する場合は、サブドメインは使用できません。これは、Google AdSense で認証をとる際に、トップのドメインに認証用のファイルを設置する必要があるためです。従って、もしブログでアフィリエイトをするのであれば、さくらサーバーが提供している無料独自ドメインではなく、VALUE-DOMAINなどで自分で独自ドメインをとり、サブドメインなしでブログを作る必要があります。(もちろん中身はさくらサーバーを利用して、アドレスはVALUE-DOMAINといった運用も可能です。)

私が比較した「さくらとロリポップのレンタルサーバーでWordPress運用の比較」の記事も参考にどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました