なたで日記

いろいろな思ったこと書きますヽ(^▽^ゞ)

さくらとロリポップのレンタルサーバーでWordPress運用の比較

time 2018/05/27

さくらとロリポップのレンタルサーバーでWordPress運用の比較

はじめに

こんにちはー!

少し前から、このブログを引っ越そうかなーと思っていまして、
調べてまとめたことを記載したいと思います。

レンタルサーバー比較!

本ブログは現在、WordPress.comで作成しています。
従いまして引っ越す場合は、WordPressを実行できないといけないのですが、
その条件はMySQLが実行できるという条件になります。

今回は、格安のさくらサーバーと、ロリポップとで、
どちらでWordPressのブログを運用しようか調べてみました。

さくらサーバーとロリポップの比較

名前さくらさくらロリポップロリポップロリポップ
プラン名ライトスタンダードエコノミーライトスタンダード
1か月¥129¥515¥100¥300¥600
1か月
一括払い
¥129¥429¥100¥250¥500
初期費用¥1,029¥1,029¥1,500¥1,500¥1,500
容量10 GB100 GB10 GB50 GB120 GB
1日転送量40 GB80 GB40 GB60 GB100 GB
SSH×××
CRON051510
独自ドメイン※1
サブドメイン※1
プラン変更××
PHP (CGIモード)
PHP (モジュールモード)×××
MySQL0 個20 個0 個1 個30 個
無料SSL※1
WordPress×
自動バックアップ※2
手動バックアップ※3×

最終更新日 2018/5/27時点の情報となります
※1 ロリポップの場合NSレコードを記載して移管する必要あり(後述)
※2 定期的にバックアップをとり、サーバーで異常発生時した場合のデータ消去を防止します。
※3 さくらサーバーは無料。ロリポップは1ヶ月+300円となります(後述)

以下、参考
さくらサーバーのプラン一覧
さくらサーバーのプラン変更について
さくらサーバーの転送量について
さくらサーバーのPHPモジュールモードについて
さくらサーバーの自動バックアップについて
さくらサーバーの手動バックアップについて
ロリポップのプラン一覧について
ロリポップのプラン変更について
ロリポップのサブドメイン設定について
ロリポップのSSL設定におけるNSコードについて
ロリポップの自動バックアップについて
ロリポップの手動バックアップについて

比較結果

調査結果の結論から言いますと、

さくらサーバーのスタンダード(429円/月)を選ぶ場合

・独自ドメインを持っており、ネームサーバーの設定をいじって複雑な設定をしたい。
・定期的にバックアップをとったり、別サーバーでテストをしたい。

ロリポップのライト(250円/月)を選ぶ場合

・それ以外

となります。

まず、WordPressをインストールするためには、
さくらであれば、スタンダード(429円)から
ロリポップであれば、ライト(250円)からとなります。

値段から言ってしまえば、ロリポップのほうがいいと思いますが、
大きな違いとして、SSLの設定と、別サーバーによるテスト機能となります。

独自サブドメインの常時SSL化の問題

最近のホームページは常時SSL化が当たり前となっており、
暗号化による安全性の面と、
GoogleもSSLのサイト検索の優先度を上げるというSEOからの面の、
2つの面から常時SSL化はかかせません。

常時SSL化は、さくらサーバーでもロリポップでも
Let’s Encrypt を利用して無料で対応することができます。

しかし、ここでDNSの設定をしている人にとっては、
ロリポップで常時SSL化するのに問題がでてきます。

ロリポップでは、常時SSL化を利用するには、
NSコードでネームサーバーを、
ロリポップのネームサーバーへ委託しないといけなくなるのです。

これは、何を意味するかというと、
例えば、独自ドメインで、サブドメインは自宅サーバーへアクセスしたいとか
メールサーバーの設定も自分で設定したいとか、そういうことができなくなる訳です。

ロリポップを使用した場合は別ドメインを好き勝手に使用できなくなり、
ドメインをまたレンタル(1年1500円だとすると、1ヶ月125円の計算)する必要がでてくるのです。
なので、それであれば、1つのドメインで
さくらサーバーを利用したほうがよいという結果となります。

一応、ロリポップは、GMOペパボが運営しており、
GMOペパボが運営しているムームードメインであれば、
DNSサーバーの設定を変更することも可能です。
しかし、ムームードメインは低機能でして、
VALUE-DOMAINのようなダイナミックDNS機能がないので、
あんまりおすすめできないものとなっています。

別サーバーによるテスト機能

実際、手動バックアップ機能だけであれば、
さくらサーバーでもロリポップでも利用できます。

さくらサーバーではスタンダード以上であれば無料で利用できます。
ロリポップでは、定期バックアップをとることで、前の世代に戻すサービスが324円で利用できます。

大きな違いとして、さくらサーバーでは、ステージングと呼ばれる、
別サーバーでの試験機能が利用できる機能を持っています。
WordPressでは、中の設定(タグ付けの変更など)を変えたり、
デザイン変更をしてみたり色々いじりたいことがおおいでしょう。
そういった作業を別のサーバーで行うことができるのです。
作業が終われば本番サーバーへ上書きコピーするだけで気軽に設定変更が可能です。

CORESERVERについて

今回はとりあげませんでしたが格安で、coreserverというのがあります。
しかし、月3167円のCORE-Cプランからしか自動バックアップがないため、
サーバーが不調になると危険な可能性があり、少し不安です。

さくらサーバーかロリポップであれば、
定期バックアップがあるため、そこのところは安心です!

さくらサーバーのバックアップについて
> バックアップは毎日1回行っております。
ロリポップのバックアップについて
> ロリポップ!では定期的なデータのバックアップを行っています。
CORESERVERのバックアップについて
> バックアップ可(オプション予定)

おわりに

もともと、ロリポップのライトが安くて、
現在使っているさくらから変更を考えていたのですが、
ロリポップサーバーの設定の終わりがけにSSL機能の有効化ができないのに気が付いて、
プランをまとめました……。

ロリポップは、独自ドメインとサブドメインもNSレコードでの変更を推奨していまして
ただ、CNAMEレコードで飛ばせば問題なく使えたので行けると思ったのですが、
常時SSL化に関してはだめでした……。

NSレコードで飛ばす必要がなければ……、
あるいはムームードメインがダイナミックDNS機能に対応していれば良いんですけどね。
私は、元々ムームードメインを使っていまして、
ダイナミックDNS機能を使うためにVALUE-DOMAINの移管したので。

というわけで、どちらかのサーバーを考えている方は参考にしてください!

コメントを残す




プロフィール

なたで

なたで

明るくて楽しいことが好きです!モノづくりや旅が趣味です!

RSS フィード RSS feed GitHub GitHub Twitter Twitter YouTube YouTube



sponsored link

タイムライン