よくトリミングできるソフトで、縦幅・横幅を手入力ってのがあるけど、自分的には使いづらかった。
やっぱスライダースピンボタンが最強だと思う。
うん。でもAWTにはどちらもないんですよね^^(ってSwingにもないじゃん)
しょうがないから、スクロールバーで代用してみた。
やっぱり、こういう目で見えると直感的に操作できるからうれしいと思う。

それと、リサイズにはアスペクト比の維持機能はよくあるのに、
トリミングには、この維持機能ついてるのは見たことない。
結構需要あると思うんだけど、どうなんだろうか。

とにかく自分が使いやすいような、リサイズ・トリミングを実装しました。
トリミングもリサイズも、ちゃんと「元に戻す」ことが出来る安心設計です^^
これも、たまに出来ないソフトがあるから困る。

アルゴリズムはもう面倒だからGraphic2Dライブラリを使った。
調べるのが時間掛かったけど、一瞬で完成した^^;

JPEGで保存する時は、品質を設定できるようにしておいた。
なんかJPEGで保存バグもちっぽいけどいいや。多分JRE側のバグということにしておこう。

それと、読み込み・保存ともにダイアログにFilenameFilterつけておいた。
Windowsでは機能しないけど、代替みたいな方法でとりあえずうん。


完成した画像処理のツールは、こちらから試すことが出来ます。

関連記事

  • ビューア開発 – 減色とか追加してみました。ビューア開発 – 減色とか追加してみました。 昨日、メディアンカット実装がんばりました! そして、やっぱりipmpackのほうメディアンカットが微妙にバグ持ちでした。 作り直した結果しっかり1色~256色とかどんな色までにも減色できるようになりました。 というか今までRGBを555の15bitsで計算してたけど、 別に16bits内におさめるとかそういう話じゃないから普通に増やしても問題なかった。 […] Posted in ツール制作
  • ビューア開発 – バイラテラルフィルタ追加しましたビューア開発 – バイラテラルフィルタ追加しました 前々から追加追加しようと思って、初めて作ってみた。 日本語の資料がtpotさんのバイラテラルフィルタしかなくて、勉強するのが大変でした。 海外のサイトはもっとよくわかんない謎の式だらけ。 要約すると、バイラテラルフィルタってのは、注目画素の輝度と、フィルタ処理する時の近傍画素の輝度の差(距離)を マイナスの係数をかけて、指数関数の中れたもの を A […] Posted in ツール制作
  • ビューア開発 – 印刷機能やドロップシャドウ機能などの追加ビューア開発 – 印刷機能やドロップシャドウ機能などの追加 久しぶりに更新。 っていっても3日しかたってないか^^; 追加点 ・設定ファイルで前回の位置や、設定を自動保存。 ・適当にページ設定・印刷追加。印刷のdpiとか設定できない。 ・露光量のアルゴリズムをほんのちょっとだけ修正。 ・マクロに、大正写真・色やけ・グロー・ドロップシャドウ追加。 ・背景にチェック追加。 ・大域平均値フィルタとメディアンフィルタに、他 […] Posted in ツール制作
  • Java – ImageIOの画像出力とColorModelとの関係Java – ImageIOの画像出力とColorModelとの関係 画像ビューアを開発しているのですが、 画像処理した後にJpegとして保存すると赤っぽくなっていた原因が分かった。 Javaのせいにしてたけど、完全なミスでした。^^; Java6でImageIOを使ってjpeg,gif,png,bmpと保存できるようになったけど、注意点が必要。 元ソースが「TYPE_INT_ARGB」の場合の話です。 png […] Posted in プログラミング
  • Bresenhamアルゴリズムで線分の計算は早いのかなBresenhamアルゴリズムで線分の計算は早いのかな 以前、直線を描くのにこんなのを作った。 特に工夫点もない、素直な方法である。 #module "linem" #deffunc line2 int line_x1,int line_y1,int line_x2,int line_y2 line_xabs = abs(line_x1-line_x2) line_yabs = […] Posted in アルゴリズム
  • Javaで3Dゲーム開発日記 part5 画像補間Javaで3Dゲーム開発日記 part5 画像補間 以前の続きでテクスチャのパーリンノイズの補間法の話です。 いい加減補間について調べようといろいろとプログラムして作ってみました。 テクスチャなので、上下と左右が繋がるように補間します。 8x8px → 256x256px […] Posted in ゲーム制作