モデルにテクスチャを対応完了!

次はマップだ!!

関連記事

  • 3Dネット対戦ゲーム作成日記 part153Dネット対戦ゲーム作成日記 part15 モデルの表示機能が完成した さてと、明日から学校がすごく忙しいので頑張ろう。 Posted in ゲーム制作
  • 3Dネット対戦ゲーム作成日記 part163Dネット対戦ゲーム作成日記 part16 木がはえました! やっとオブジェクトをマップに含めることが出来るようになりました。 タイトルバーの数字は描写時間です。 目標の20fpsにするには50msを少なくともきらないといけません。 動くスピードに個人差が出ないように描写・計算・通信をそれぞれ分けるようにプログラムを組みたいと思います。 こちらはサボテン。 1から設計したモデルメーカーを使用しま […] Posted in ゲーム制作
  • 3Dネット対戦ゲーム作成日記 part93Dネット対戦ゲーム作成日記 part9 陰線処理うまくいきました。 最初、面を張るときに後ろの線を消さないようにやればいいと思って、それで考えて作りました。 その後、もっといい方法を後から思いつきました。 それは面を書いたあと淵にラインを書くという単純なものでした。 綺麗な陰線処理 ↓ 最初に作ったしょぼ陰線処理 ↓ なんかこれはこれで手書き感があって面白い […] Posted in ゲーム制作
  • 3Dネット対戦ゲーム作成日記 part103Dネット対戦ゲーム作成日記 part10 Zソートで奥から描写できるのを実装しました。 Zソートはクイックソートでインデックスソートを使用しています。 実験がこれ。 多分実際には色を遠さに応じた変化をつけるのでもうちょっと遅くなりそう。 条件 ・面の裏は描写しない。 ・同じ位置に約100ポリゴン(6ポリの立方体をおいてある)置いたとき。 ・面+線を描写。 ・某3DCGゲームと同じ 400* […] Posted in ゲーム制作
  • 3Dネット対戦ゲーム作成日記 part63Dネット対戦ゲーム作成日記 part6 やったー 意外に簡単に裏面の処理ができちゃった! まさか2つのベクトルの外積の計算式がこんなところで役に立つなんて。 ただ1つの面を調べるのに8回もatan使ってます。 速度は大丈夫かな、描写速度よりは計算速度のほうが速いからいいけど。 だれか4点から右方向に回転か、左方向に回転か調べる方法でもっといい方法があったら教えて下さい^^ /*4点が左回 […] Posted in ゲーム制作
  • 3Dネット対戦ゲーム作成日記 part19 最近「ある方に頑張ってね」と応援されました。 とても嬉しかったです^^ 例の3D対戦ゲームなのですが、1ヶ月ぐらい放置していましたが、 さすがにまずいと思い、この土日にまた触ってみました。 まず、テクスチャを対応させょうと思って、テスト用のテクスチャ7枚ぐらい作ってみました。 […] Posted in ゲーム制作
  • 3Dネット対戦ゲーム作成日記 part53Dネット対戦ゲーム作成日記 part5 やっぱりd3moduleの方法考えた! 四角って左巻き順で指定と右巻き順で指定とでは ベクトルかなんかで表向きと裏向きを表すことができるとか なんか物理で習ったような ってことで そういうふうにすれば裏を向いている面は描写しなくてよくなるから。 としたとしても、d3moduleの四角の面を張る命令があるから。 これを改造しないと無理なのかな、 […] Posted in ゲーム制作
  • 3Dネット対戦ゲーム作成日記 part253Dネット対戦ゲーム作成日記 part25 洋ゲーかっ!(偏見)   洋ゲーかっ!(偏見) テクスチャの濃度を変える処理をしなければ、256*256でも実用的なFPSが出ました。 しかし、濃度変えないと、夜・フォグとか表現できない。 話変わりますが、昨日ゲーセン行って、いろいろなゲーム見てて思ったことが、 フォグみたいな処理かかっているゲーム少ないということです。 なんか超ドラゴンボー […] Posted in ゲーム制作
  • 3Dネット対戦ゲーム作成日記 part173Dネット対戦ゲーム作成日記 part17 当たり判定ないですが、マップに入れて動けるようになりました。 Ath64_3000+ […] Posted in ゲーム制作
  • 3Dネット対戦ゲーム作成日記 part233Dネット対戦ゲーム作成日記 part23 土日は何も進まなかったです。 自分に近い地面だと、ある一点がカメラより後ろにいってしまって 描写できなくなることがあります。 これはクリッピングを行うといいらしいのですが、 正直今の私にはよく分からないので断念。 ということで他の方法をいろいろ考えていたところよい方法を考えました。 それは、自分の周りだけ高密度のポリゴンで描写する! という技 […] Posted in ゲーム制作