PayPalで本人確認手続きしたらローマ字に戻せなくなった話

日記
スポンサーリンク

はじめに

今回、PayPalで本人確認手続きしたら英語表記(ローマ字)に戻せなくなったのでその話をしたいと思います。

PayPal本人確認の手続き問題

メールを受け取る

2023年3月28日にPayPalから次のようなメールが来たのが発端となります。

PayPalを引き続きご利用いただくには、本人確認手続きをお願いします

これは、お客さまの本人確認手続きに関する最後のお知らせです。2023年4月11日までにご対応いただけない場合は、お客さまのPayPalアカウントがブロックされ、送金、資金の受け取り、および引き出しをご利用いただけなくなりますのでご注意ください。

日本の犯罪収益移転防止法により、弊社は、政府発行の身分証明書と住所の証明書を使用してお客さまの本人確認を行うことが義務付けられています。お手数ですが、以下の情報をお手元にご用意ください。完了されましたら、弊社がお客さまの情報を確認いたします。これには通常2〜4営業日かかります。

今後ともPayPalをよろしくお願い申し上げます。

3月28日 に受け取って、何もしないと4月11日にアカウントブロックという、すごいスピード感のメールです。

本人確認

さて、本人確認をしようにも、私はクレジットカードのローマ字表記で設定していたのですが、ローマ字で本人確認できるパスポートを持っていないため困りました。

色々調べると、あんまり納得がいかないのですが、次の謎の手順を行うことで本人確認が行えることがわかりました。というか、日本語表記に変えた時点でそれ本人確認ではないのかという突っ込みたいです。

  1. 英語から日本語表記へ切り替える。(免許証、またはマイナンバーカードを使用する)
  2. 日本語表記で本人確認を行う。(免許証、またはマイナンバーカードを使用する)

2023年3月28日から早速変更手続きを開始しました。なお、電話でも出来るようですが、平日しかやっていないためWebで行いました。

以下時系列

  • 2023年3月28日 本人確認のメールを受け取る。
  • 2023年3月28日 パソコン上からWebで免許証を使用して名前を英語から日本語に切り替え申請を行う。
  • 2023年4月4日 名前の切り替えが完了。(なぜか旧漢字で登録されるが直す暇もないので無視)
  • 2023年4月4日 スマホからマイナンバーカードを使用して本人確認の申請を行う
  • 2023年4月11日 本人確認が完了。

かなりぎりぎりだったのですが、とりあえず4月11日のアカウントブロックは乗り越えました。

ちなみに3~5営業日で切り替わるという記載もあるのですが、5営業日と考えてもらってかまいません・・・

ローマ字表記へ戻したい

今度は英語表記へ戻す作業なのですが、PayPalのサイトに次のような文章が載っています。

日本語表記から英語表記に、英語表記から日本語表記にする場合
海外のショッピングサイトで買い物をしたいなどの理由で、登録した氏名を日本語表記から英語表記に変更したい場合、または、英語表記から日本語表記に変更したい場合は、ペイパルのカスタマーサービスまでご連絡ください。
事前にこちらからログイン後、6桁の「一時お問い合わせ用番号」を取得し、自動音声ガイドに従って一時お問い合わせ用番号を入力すると、カスタマーサービスに最速でおつなぎできます。

paypal – 個人アカウントに登録した氏名の変更方法

それで例によって、カスタマーセンターは平日しかやっていないので、チャットでローマ字表記へ戻すよう依頼しました。

natade 4/12 11:04 PM
日本語で登録された氏名を英語表記にしたいです。 Hoge から Fuga にしたいです。

Z** 4/12 12:49 PM
ご連絡いただき誠にありがとうございます。担当のZ**と申します
お名前の表記をローマ字にご変更されたい場合、下記の情報をご提出いただくようお願いいたします。
*パスポートの写真入りページ
大変お手数ですが、画面の左下にある「添付マーク」をクリックして、書類をご送信いただくようお願いいたします。こちらより確認いたしますので、ご安心ください。

natade 4/13 9:35 PM
すみません。私はパスポート取得しておらず持っていません。免許証かマイナンバーカードなら持っています。

G*** 4/14 5:26 PM
ご不便おかけし申し訳ございません。ペイパルは財務関係のアカウントとして、名前変更する際、身分証明書を提出し、ご提出された書類に記載された表記に名前を修正します。
そのため、ローマ字表示したい場合、パスポートのご提出が必要でございます、ご理解のほどよろしくお願いします。
パスポートを持っていない場合、例えば現在のアカウントを解約後ローマ字表記で新しいアカウントを作成し、しようことをお勧めでございます。

もし今後も現在のアカウント履歴を確認希望の場合は、アカウント解約不要で、アカウント上の登録カードを削除し、別のメールアドレスを利用し新規名前をローマ字表記でアカウント登録することも可能でございます。

natade 4/14 7:17 PM
元々はローマ字表記で登録していました。
(いただいたメールを張って、ローマ字で登録しても意味がないことを記載)
サポートに電話したいと思います。
ありがとうございました。

あの~「パスポートを持っていない場合、例えば現在のアカウントを解約後ローマ字表記で新しいアカウントを作成し、しようことをお勧めでございます。」って、これやったらまた本人確認でローマ字に戻るのでは・・・🤔

このやりとりから、パスポートを持っていない人は、PayPalで買い物ができなくなったのかな。チャットでやってもうまくいく感じがないので、時間を何とか見つけて電話で確認をとることとしました。

電話で確認

さて、ようやく平日に休みがとれたので、サポートセンターへ確認をとることにしました。

結論としては次の方法があるとのことです。

  • 個人事業主にする

これで、名前を登録することで購入先には、設定した名前が通知されるようです。電話で確認した結果、個人事業主への切り替えは、以下のようにPCでPayPalを開き以下から行えるようです。特にデメリットはないようですが、いったんやり方だけきいて、不安なのでそのままとしています。

結局ローマ字表記にまだ戻せていない状況です。おそらくビジネスアカウントへ移行すれば行えるような感じですが、どうなんでしょうね。

アカウント手続き作業は結構体力を使ってしまったので、このままに(笑)

おわりに

本人確認のメールへの対応は、時間も短いので大変なのでなんとかしてほしいところですね。あと、基本的にPayPalは個人事業主で使用するという感じが一般的になっていくのかもしれませんね。それかパスポートを作るか。

また、この後進展があったらブログを更新したいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

  1. 匿名 より:

    Twitter以外のPayPalとローマ字で調べると出てくるサイトで新しめの情報としてここのサイトが検索の上位にくるのでコメントさせていただきます。
    同じく本人確認でローマ字の名前から漢字の名前に変更してローマ字に戻したものですが、
    私の場合電話で連絡したらパスポートを持っていなくてもローマ字に戻してもらいました。
    担当者しだいで対応が違うので、場合によってはもう一度電話で連絡することをおすすめします。

    • なたで より:

      貴重なご意見ありがとうございます!

      PayPal経由せず直接クレカで払えば
      直近は困らなさそうとやや放置気味でした😥

      たしかに個人事業主になるかパスポート持ってないと
      海外でクレカ使えないのは不便すぎですもんね

      また時間があるときにチャレンジしてみたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました