Java の BufferedImage は getType() を使うことでタイプを知ることが出来ます。
byte型でABGRの順に記録されている場合は、BufferedImage.TYPE_4BYTE_ABGR
int型でARGBが記録されている場合は、BufferedImage.TYPE_INT_ARGB になります。

TYPE_4BYTE_ABGR の画像を、
ColorConvertOp(中ではg.drawImage(image, 0, 0, null);) を利用して変換すると、なぜか色が変わる場合があります。※
PixelGrabber を利用すれば、色は変わらないです。

ですが、直接変換する方法のサンプルを紹介します。
BufferedImage から int型のデータを取得するサンプルにもなると思います。

BufferedImage.TYPE_4BYTE_ABGR の image から
BufferedImage.TYPE_INT_ARGB の newimage へ

int width  = image.getWidth();
	int height = image.getHeight();
	int pixelsize = width * height;
	BufferedImage newimage = new BufferedImage(width,height,BufferedImage.TYPE_INT_ARGB);
	int[] pixels = ((DataBufferInt)(newimage.getRaster().getDataBuffer())).getData();
	byte[] binary = ((DataBufferByte)(image.getRaster().getDataBuffer())).getData();
	int r,g,b,a;
	for(int i=0,j=0;i<pixelsize;i++) {
		a = binary[j++]&0xff;
		b = binary[j++]&0xff;
		g = binary[j++]&0xff;
		r = binary[j++]&0xff;
	pixels[i] = (a<<24)|(r<<16)|(g<<8)|b;
	}

以上です。

BufferedImage.TYPE_3BYTE_BGR の場合は

	b = binary[j++]&0xff;
	g = binary[j++]&0xff;
	r = binary[j++]&0xff;
	pixels[i] =0xff000000|(r<<16)|(g<<8)|b;

BufferedImage.TYPE_CUSTOM で取得した DataBuffer のタイプが TYPE_BYTE の場合も
上記のような感じで変換できるようです。
但し、順番が下記のようになるっぽいです。

BufferedImage.TYPE_CUSTOM かつ getColorModel().hasAlpha() で true の場合は

	r = binary[j++]&0xff;
	g = binary[j++]&0xff;
	b = binary[j++]&0xff;
	a = binary[j++]&0xff;
	pixels[i] = (a<<24)|(r<<16)|(g<<8)|b;

BufferedImage.TYPE_CUSTOM かつ getColorModel().hasAlpha() で false の場合は

	r = binary[j++]&0xff;
	g = binary[j++]&0xff;
	b = binary[j++]&0xff;
	pixels[i] = 0xff000000|(r<<16)|(g<<8)|b;

ImageIO.read で読み込んだ時点で、
インデックスカラーとグレースケール以外は、TYPE_INT_ARGB に変換してくれればいいのに。


追記メモ
色が変わると言ったのですが、drawImageの品質を
g.setRenderingHint(RenderingHints.KEY_RENDERING, RenderingHints.VALUE_RENDER_QUALITY);
g.setRenderingHint(RenderingHints.KEY_DITHERING, RenderingHints.VALUE_DITHER_DISABLE);
を使って上げればもしかしたら防げるかもしれない。

関連記事