こんにちは!

久しぶりにHSPの記事を書きたいと思います!
今回は、HSPの高DPI対応です。


はじめに

高DPIとはなんぞや、という説明をします。

昔のディスプレイは、1ドットのサイズが細かくないため、
1ピクセル=1ドットのような設計がほとんどでした。
そして、1ピクセルの大きさも、どのディスプレイもだいたい同じようなサイズ(96dpi)でした。
従って、ソフトを作る際に、1ドット=1ピクセルの前提で、GUIの設計をしていました。

ただ5、6年前ぐらいから、スマホが高繊細化してきており、
ディスプレイもRatinaディスプレイや4kディスプレイなど、高繊細なものが登場してきました。

例をあげると、次のようなものがあります。
Apple MacBook Pro 解像度 2560×1600、227dpi
Microsoft Surface Pro 解像度 2736×1824 、267 dpi
iiyama 4Kディスプレイ B2875UHSU-B1A 解像度 3840×2160、157 dpi

このように、96dpiより大きなものを高DPI(High DPI)と呼びます。

高DPIに対応していないソフトの問題点

このような高密度なディスプレイで、
これまで作成したソフトを実行するとどうなるでしょう。

高DPIで動作することを考えていないソフトの場合は、
OSがソフトのGUIを自動的にスケーリングして表示することとなります。

しかし、このスケーリングが問題でして、
ASCII.jp Windows 10+高解像度ディスプレイでのアプリのボケはRS2で解消される」のように
文字や画像がボケてしまうのです。

高DPI化に対応する方法と問題点

まず前提として、アプリ自身が「高DPIに対応してますよ!」と宣言しないといけません。
この宣言方法は、2種類あり、マニフェストで宣言するか、
アプリ内で「SetProcessDPIAware」を呼び出す方法があります。
これらの宣言方法については、「SetProcessDPIAware function」に記載されています。

一見、上記の方法だけで対応できるなら簡単じゃないかと思えるかもしれません。
実際の問題点は、高DPI対応宣言後の処理となります。
具体的には、座標、サイズ、位置などについて、
高DPIを考慮した数値で設定する必要が出てきます。

これから作るソフトならまだよいですが、今まで作ったソフトで高DPI化させようとした場合、
ソースコード上の全ての位置やサイズ情報を書き直す必要があるのです。

現実的な解決策

実は、今までのソースコード書き直しせず、簡単に解決することが可能です。
それは、標準関数の置き換えです。

以下に、いくつかの標準関数を置き換えたモジュールをおきます。
高DPI対応用のモジュールを作成する
(このモジュールは、実際に私が作ったツールで利用しています。)

このように、標準関数を置き換えたモジュールを
ソースコードの最初でincludeすることで、
全コードが高DPI対応用の命令で実行させるということです。

おわりに

これで、高DPI対応に関する記事は終わりです。
ありがとうございました。

ちなみに、高DPI対応を試験する際の注意点として
ディスプレイの設定から、「拡大縮小とレイアウト」で「100%」から変更させるという方法があるのですが、
一旦、サインアウト・サインインをやり直す必要があります。

サインアウト・サインインをしないと、
GetDeviceCaps の HIGHDPI_LOGPIXELSX / HIGHDPI_LOGPIXELSY
で取得できる数値が96のままになってしまいます。
気が付かずに、すこしはまってしまいました……。

関連記事

  • マップオンデマンドの地図更新でパスワードが入力できないマップオンデマンドの地図更新でパスワードが入力できない 車を購入時にカーナビとしてNSZT-W61Gを付けたのですが、 カーナビ購入してから3年間はマップ情報のバージョンアップが無料ということで、 バージョンアップをしようとしました。 バージョンアップ方法の流れ 1. 購入時についていた「マップオンデマンドセットアップディスク」のDVDでセットアップツールをインストール 2. 「GAZOO」を無料でユーザー登録(「TOYOTA […] Posted in 雑記
  • C言語のアドレス演算子の不思議C言語のアドレス演算子の不思議 前々から、C言語のポインタで不思議だったこと。 最適化C 言語 […] Posted in プログラミング
  • メディアンカットによる減色アルゴリズムメディアンカットによる減色アルゴリズム 3日前から、いつものHSP言語で減色プログラムを作ってたのですが、なかなか難しい。 メディアンカットを実装したいんだけど、資料がないんですよねー。 ということで、減色アルゴリズムを調べた形跡を紹介します。 減色アルゴリズム1 1. 全ての色からある程度階調を落とした色数のヒストグラム作成 2. 色数を多い方から昇順でソートする。 3. […] Posted in ライブラリ制作
  • Bresenhamアルゴリズムで線分の計算は早いのかなBresenhamアルゴリズムで線分の計算は早いのかな 以前、直線を描くのにこんなのを作った。 特に工夫点もない、素直な方法である。 #module "linem" #deffunc line2 int line_x1,int line_y1,int line_x2,int line_y2 line_xabs = abs(line_x1-line_x2) line_yabs = […] Posted in アルゴリズム
  • プログラマにとって非常に緩いライセンスの紹介プログラマにとって非常に緩いライセンスの紹介 今日は、感染性しないフリー(誰もがどんな条件でも使える)なライセンス※を紹介します。 ※フリーソフトウェアライセンスではありません。 名称   CC0 リリース 2009年 作成者  クリエイティブ・コモンズ 解説 パブリックドメインというものを自分から明示的に言いたい場合に使用する。 画像が用意されていてかっこいい。(Wikipediaより引用) >ライセ […] Posted in プログラミング
  • Perlは難解 part1Perlは難解 part1 掲示板に宣伝がよく書き込まれるので、 ぷましゃまの掲示板みたいに、特定の単語が含まれなければ書き込めないみたいに改造しようと思ったのですが、 Perlが難しくて、難航中です。 JAGA GOGO […] Posted in プログラミング