なたで日記

いろいろな思ったこと書きますヽ(^▽^ゞ)

WordPressで利用しているプラグインを紹介

time 2018/07/30

WordPressで利用しているプラグインを紹介

はじめに

WordPress.com からレンタルサーバーに引っ越しをしてから、
自分でプラグインを入れてカスタマイズを色々しました。
いろいろと試したので気に入ったのを紹介したいと思います。

記事表示支援用プラグイン(記事全体系)

AddToAny Share Buttons

記事内にSNSボタンを追加します。
インストールすると、「設定」メニューの「AddToAny」が増えます。

WordPress自体にもSNSを追加できる機能があるのですが、
こちらのプラグインのほうがたくさんの種類に対応しています。
またボタンの形もいくつか用意されているので、
こちらのプラグインに統一しました。

テーマによっては、SNS機能を使えるものもあるのですが、
やっぱりプラグインで、一元化したい。

Category Order and Taxonomy Terms Order

カテゴリの順序を好きな順序に入れ替えることができます。
インストールすると、「設定」メニューの「Taxonomy Terms Order」が増えます。

これはインストールしておかないと、
順番がぐっちゃぐちゃになるので重要。

ImageMagick Engine

記事表示に利用される縮小用画像の生成アルゴリズムを改善します。
インストールすると、「設定」メニューの「ImageMagick Engine」が増えます。

さくらサーバーでWordPressの環境作成支援機能を使用すると、
標準でこのプラグインがインストールされており利用することが可能です。

My WP Translate

使用しているテーマを日本語化できます。
インストールすると、「My WP Translate」メニューが増えます。

このツールを使用すれば、
英語用のテーマでも日本語化することができます。

WordPress Related Posts

記事の下に関連する記事を表示するプラグインです。
インストールすると、「設定」メニューの「WordPress Related Posts」が増えます。

特に設定していなくても奇麗に表示されます。
サムネイル機能もしっかりしており、サムネイルがない記事はランダムな画像が選ばれます。

ちなみに関連記事系で似たものとして「Yet Another Related Posts Plugin」があります。

WPFront Scroll Top

記事の右下に、上へ戻るボタンが表示されるようになるプラグインです。
インストールすると、「設定」メニューの「Scroll Top」が増えます。

記事表示支援用プラグイン(追加ガジェット系)

Advanced Random Posts Widget

ランダムの記事一覧のウィジェットを追加します。
インストールすると、専用ウィジェットの追加が行えます。

ランダムの記事一覧に特化しています。
「Category Posts Widget」にはない、ランダム記事のフィルタ機能が備わっています。

Category Posts Widget

最近の投稿、ランダムなどの記事一覧のウィジェットを追加します。
インストールすると、専用ウィジェットの追加が行えます。

標準の記事一覧にはないような、例えばランダムの記事表示機能や、
記事のタイトル以外にサムネイルの表示などが行えます。

Easy Profile Widget

プロフィール用のウィジェットを追加します。

WordPress Popular Posts

人気の記事のウィジェットを追加します。
インストールすると、専用ウィジェットの追加が行えます。

人気の記事一覧に特化しています。
「Jetpack by WordPress.com」に付属しているガジェット以上のカスタマイズが可能です。

記事投稿支援用プラグイン

Auto Post Thumbnail

記事投稿する際に、記事内の画像をアイキャッチとして自動で設定するプラグインです。
インストールすると、「設定」メニューの「Auto Post Thumbnail」が増えます。
ここでインストールしていなかった時の過去の記事もアイキャッチの自動生成が行えます。

なおアイキャッチというのは記事内の一番上に表示される画像なのですが、
デザインに関わるため、いらないという場合もあるので導入は検討すること。
なお、CSSを自分で編集してアイキャッチの表示を消すということもできます。

Easy SVG Support

記事にSVG形式の画像を埋め込めるようになります。
インストールして有効化し、ブログ内のCSSに以下を追加するだけで使えます。

/* Easy SVG Support */
img[src $= '.svg'] {
	width: 100%;
	height: auto;
}

Enlighter – Customizable Syntax Highlighter

記事にソースコードを埋め込めたいときに便利なプラグインです。
ブログ内にソースコードを記載した際に、シンタックスハイライト機能を追加します。
プログラミング技術系のブログなら必須ですねー。

HTML Editor Syntax Highlighter

記事投稿する際のHTMLエディタにシンタックスハイライトを追加するプラグインです。
少し前まで利用していたのですが、これを利用すると
「ビジュアル」⇔「テキスト」を行き来するときに
なんかデータが消えたりすることがあったので、今はいれておりません……。

MathJax-LaTeX

記事内に数式を埋め込みたいときにプラグインです。
これをいれれば、LaTeXの記法で数式を簡単に埋め込むことができます。
アルゴリズム系の記事とか書くときはとてもよいので是非導入しましょう。

TinyMCE Advanced

記事投稿する際に、表を簡単に作れるようになるプラグインです。
インストールすると、「設定」メニューの「TinyMCE Advanced」が増えます。

最適化用プラグイン

Jetpack by WordPress.com

ブログ全体を「WordPress.com」にあるような
アクセス解析機能やサイト管理機能を利用できるようになります。
インストールすると、「Jetpack」メニューが増えます。

今まで「WordPress.com」を使用していたので、
これをインストールして、以前と同じように
アクセス解析を表示できるようにしました。

人気の記事表示などのウィジェットも増えたり
色々な機能が利用できるようになるので超おススメです。

All In One SEO Pack

ブログ全体をSEO向けに最適化するプラグインです。
インストールすると、「All In One SEO Pack」メニューが増えます。

私はこれを使用して、記事のタイトルを書き換えたり、
Google ウェブマスターツールの認証、
GoogleアナリティクスIDの認証、
Google用にへXMLサイトマップの更新をしたりしています。

Autoptimize

ブログの表示を高速化するプラグインです。
インストールすると、「設定」メニューの「Autoptimize」が増えます。

HTML、JavaScript、CSSをそれぞれ最適化して、バイト数を減らしたりすることができます。
ですが、JavaScript、CSSに関しては、他のプラグインやテーマと非常に干渉がしやすいので
現状、HTMLのみ最適化にしております。

なお、Googleフォントの削除機能もあります
Googleフォントはファイルサイズが大きく
使用しないのであれば、これで強制オフにしておくとよいでしょう。

Disable Google Fonts

ダウンロードに時間がかかるGoogleフォントを無効化します。
インストールするだけで有効になります。

WP Multibyte Patch

日本語表示で起こるバグを防止するプラグインです。
インストールするだけで有効になります。

効果はよくわからないですが、とりあえずインストールしてます……。

WP Super Cache

表示したデータをキャッシュとして持つことで次回の表示を高速化します。
インストールすると、「設定」メニューの「WP Super Cache」が増えます。

これはたしかに高速化されるのでおすすめです。

セキュリティ対策用プラグイン

Akismet Anti-Spam

スパムの投稿を防止するプラグインです。
インストールすると、「Jetpack」メニューの「Akismet Anti-Spam」が増えます。

これによりスパム投稿を防ぐことができます。
なお利用する場合は、ユーザー登録が必要です。

Google Captcha (reCAPTCHA) by BestWebSoft

ブログの管理者用ログインやコメント投稿をする際に Google Captcha を使用するようにできます。
インストールすると、「Google Captcha」メニューが増えます。

これによりロボットによるログインやスパム投稿を防ぐことができます。
しっかり有効なURLの設定をしておかないと、自分もログインできなくなるので注意。
なお利用する場合は、ユーザー登録が必要です。

Remove Query Strings From Static Resources

JSとCSSのリンク先のURLの後ろに「?移行のデータ」を消して
キャッシュを有効化し表示を高速化します。
インストールするだけで有効化されます。

さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン

さくらサーバーを使用してWordPressのブログを作り
SSL化する場合に利用するプラグインです。
このプラグインを使用することで簡単にSSL化できます。
インストールすると、「設定」メニューの「SAKURA RS SSL」が増えます。

広告表示用プラグイン

Ad Inserter

広告を任意の場所に入れることができるプラグインです。
インストールすると、「設定」メニューの「Ad Inserter」が増えます。
私はこれで記事の上と下に入れるようにしました!

直接テーマをいじって広告を入れたほうが、
より好きな位置に入れられるのですが
テーマを更新した場合などを考えると
プラグインでやってしまったほうが楽ですねー。

Amazon Auto Links

Amazonの広告を自動で作成します。
インストールすると、「Amazon Auto Links」メニューが増えます。
無料版だと作れる数の制限があります。

記事管理用プラグイン

Batch Cat

記事を一覧で表示して、選択後してカテゴリへ一括移動させます。
インストールすると、「ツール」メニューの「Batch Cat」が増えます。

Bulk Move

タグを一括でカテゴリに移すときに使用します。
インストールすると、「ツール」メニューの「Bulk Move」が増えます。

個々の記事ごとに移すものではないので注意。

Easy Featured Images

「記事一覧」の表示中にサムネイルの設定が可能となります。
通常、個々の記事を開かないと設定できないので非常に楽に設定が可能となります。

Search Regex

タイトルや記事内等の文字列を正規表示により置換がします
インストールすると、「ツール」メニューの「Search Regex」が増えます。

Simple Tags

記事を一覧で表示して、一覧上からタグを指定して一括で変更ができます。
インストールすると、「設定」メニューの「Simple Tags」、
そして「ツール」メニューの「タグの一括編集」が増えます。

タグを強化するプラグインですが、
記事に対してタグを付けなおす「タグの一括編集」が非常によいです。

WordPress インポートツール

WordPress.com から引っ越ししたときに使用したツール。
このツールを使うと、記事、コメント、メディアなどすべてを引っ越しできます。
テーマやプラグインは引っ越しできないので、入れ直しになります。

コメントを残す




プロフィール

なたで

なたで

明るくて楽しいことが好きです!モノづくりや旅が趣味です!

RSS フィード RSS feed GitHub GitHub Twitter Twitter YouTube YouTube



sponsored link

タイムライン