久しぶりにipmpackを更新しました。
まだvectorからはダウンロード出来ません。
placearkの方からダウンロードして下さい。

今回オマケとして、sample\ipmpackの中に、
少しだけコンパイル前のソースコードが入っています。

ipmpack 1.050
(公開したてなので、バージョン据え置きの細かい修正が入るかも。vector公開まで待つといいかも。)

いろいろと更新しました。
主な更新点は次のような感じです。
・アフィン変換機能
・画像の一部コピー機能
・カラーマトリックス変換のオフセット値の設定機能
・命令の引数の省略可能な箇所を増やす
・一部の変な命令名を変更
・HSPの新しいサムネイル機能付きヘルプに対応

詳しいところは、ヘルプやreadmeに任せまして、
目玉のアフィン変換機能の紹介。


上のように、アフィン変換を用いて、拡大回転思いのままです。
回転なら、grotateより品質がよく綺麗に回転できます。
線形補間にも対応しています。

ただ少し処理が重たいです。
ソースコードが「sample\ipmpack\sample_vram.zip」の中に入っているので、
自由にいじって下さい。
ライセンスは前の通りNYSLのような感じです。

ヘルプでサムネイルが表示されます!

関連記事

  • メディアンカットによる減色アルゴリズムメディアンカットによる減色アルゴリズム 3日前から、いつものHSP言語で減色プログラムを作ってたのですが、なかなか難しい。 メディアンカットを実装したいんだけど、資料がないんですよねー。 ということで、減色アルゴリズムを調べた形跡を紹介します。 減色アルゴリズム1 1. 全ての色からある程度階調を落とした色数のヒストグラム作成 2. 色数を多い方から昇順でソートする。 3. […] Posted in ライブラリ制作
  • ドット絵用の拡大アルゴリズムの開発ドット絵用の拡大アルゴリズムの開発 前々から拡大について色々作ってたのですが、 ちょっと新作のフィルターが完成しました^^ 原理的にはまずニアレストネイバーで拡大して、 次に斜め線になるようなところに補間を入れていく。 処理の関係でドット絵専用フィルターになりそう と言うわけでちょっと結果をお見せします。 まず元画像はこちら 8bit design.様 よりDRAGON […] Posted in アルゴリズム
  • HSPでアルファチャンネル付きレイヤードウィンドウを実装したHSPでアルファチャンネル付きレイヤードウィンドウを実装した 以前、アルファ値付きのウィンドウを作りたくて、 リージョンではなくレイヤードウィンドウについて色々調べてたのですが、なかなかうまくいかず。 結局HSPは32bitのウィンドウではなくて24bitのウィンドウのために、 アルファ値付きは不可能なんだと勝手に決めつけ断念していました・・・ それで、もう1度、昨日から再度調査しなおしていたのですが、 UpdateLay […] Posted in ライブラリ制作
  • Bresenhamアルゴリズムで線分の計算は早いのかなBresenhamアルゴリズムで線分の計算は早いのかな 以前、直線を描くのにこんなのを作った。 特に工夫点もない、素直な方法である。 #module "linem" #deffunc line2 int line_x1,int line_y1,int line_x2,int line_y2 line_xabs = abs(line_x1-line_x2) line_yabs = […] Posted in アルゴリズム
  • 3Dネット対戦ゲーム作成日記 part63Dネット対戦ゲーム作成日記 part6 やったー 意外に簡単に裏面の処理ができちゃった! まさか2つのベクトルの外積の計算式がこんなところで役に立つなんて。 ただ1つの面を調べるのに8回もatan使ってます。 速度は大丈夫かな、描写速度よりは計算速度のほうが速いからいいけど。 だれか4点から右方向に回転か、左方向に回転か調べる方法でもっといい方法があったら教えて下さい^^ /*4点が左回 […] Posted in ゲーム制作
  • HSPで高DPI対応ソフトを作ろうHSPで高DPI対応ソフトを作ろう こんにちは! 久しぶりにHSPの記事を書きたいと思います! 今回は、HSPの高DPI対応です。 はじめに 高DPIとはなんぞや、という説明をします。 昔のディスプレイは、1ドットのサイズが細かくないため、 1ピクセル=1ドットのような設計がほとんどでした。 そして、1ピクセルの大きさも、どのディスプレイもだいたい同じようなサイズ(96dpi)でし […] Posted in プログラミング