Raspberry Pi はじめました (第4回) – はじめから の続きです。


8. フォルダでアクセスできるようにしよう
8-1. やっぱりWindowsPC上からアクセスしてファイル編集したい
8-2. そこで、これも以前にあったように、sambaをインストール

sudo apt-get install samba

8-3. 設定ファイルを編集

sudo nano /etc/samba/smb.conf

8-4. 次を追加

[pi]
path = /home/pi
read only = No
guest ok = No
force user = pi
browseable = Yes

8-5. 【任意】パスワードを設定

sudo pdbedit -a pi

8-5. サービスの再起動

sudo service samba-ad-dc restart

●●●
9. 外からアクセスできるようにするために、ドメインを作ろう
9-1. ドメインは無料で作ることもできるのですが、安いので買ったほうがいいです。
9-2. ダイナミックDNSが使える会社のがいいです。自サーバーのIPアドレスが固定じゃなくてもよいためです。
9-3. というわけで、VALUE-DOMAIN を使用しましょう。
9-4. 「お名前.com」は、「お名前.comでドメイン取得時にWhois情報公開代行を忘れると大損」なので注意
9-5. 上位レジストラは、eNomだと「ネームサーバーが不正に変更される問題について」らしいので、GMOが安心
9-6. VALUE-DOMAINで登録を終えたら「ダイナミックDNSの設定」で、パスワードを設定する。
9-8. ダイナミックDNS機能を「無効」から「有効」にする
9-9. 「ネームサーバーの設定」→「当サービス内のネームサーバー(ns1~5.value-domain.com)を利用する」
9-10. 「DNS情報/URL転送の設定」で、「a * 1.1.1.1」と設定。アドレスは自分のアドレスとする。
9-11. これで、ダイナミックDNSが使用可能となります。
9-12. 次のURLを入力すると、0と返り、遠隔でIPアドレスを再設定できます。

https://dyn.value-domain.com/cgi-bin/dyn.fcg?d=hoge.com&p=password&h=*

●●●
10. crontabを使ってみよう
10-1. 「\\RASPBERRYPI\pi\CronJobs」というフォルダを作る
10-2. 「startup.sh」というファイルを作る
10-3. 中身は下記のようにする

#!/bin/sh
# ここにスクリプトを書いていく
exit 0

10-4. 実行権限をつける

chmod +x /home/pi/CronJobs/startup.sh

10-5. ルート権限用のcrontabを開く

sudo crontab -e

10-6. 次を追加する

@reboot su - pi -c "/home/pi/CronJobs/startup.sh"

10-7. これで起動時に実行されるスクリプトを登録できました。

sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

とかを登録しておくと、日本の日本標準時間になるのでお勧めです。

10-8. 他にも、同様の操作でDDNSの設定を定期的に実行とかも作れます。
10-9. 例えば、 VALUE-DOMAINの場合は、次のような「ddns.sh」を作成して実行権限つけて

#!/bin/sh

domain="hoge.com" 
pass="pass"
path="https://dyn.value-domain.com/cgi-bin/dyn.fcg?h=*&d=${domain}&p=${pass}"

curl -s ${path} >> /dev/null

exit 0

10-10. あとは、これをcrontabに追加すればでよいはず。未確認ですが。

* */6 * * * su - pi -c  "/home/pi/CronJobs/ddns.sh"

●●●
今日はここまで!
とりあえず、これで外から自宅サーバーへアクセスできるようになります。

関連記事

  • Raspberry Pi はじめました (第4回) – はじめからRaspberry Pi はじめました (第4回) – はじめから 今まで ・Raspberry Pi はじめました (第1回) ・Raspberry Pi はじめました (第2回) – Arduino 用スターターキットを買って分かったこと ・Raspberry Pi はじめました (第3回) – […] Posted in Linux
  • Raspberry Pi はじめました (第1回)Raspberry Pi はじめました (第1回) Raspberry Pi が2015年12月22日に届き、いじったメモを書いていきます。 文字中心です……。ごめんなさい。 →最近、また1から環境を整え始めたので、その時のブログは「Raspberry Pi はじめました (第4回)」を参照 購入ものリストです。 ・Raspberry Pi Model B+ ・Raspberry Pi Model B+ / Pi 2 […] Posted in Linux
  • Linuxで動作するCプログラムのデバッグ環境構築1Linuxで動作するCプログラムのデバッグ環境構築1 こんにちはー! 今回は、Linuxで動作するCのデバッグ環境の整え方をお話しします。 皆さんは、Raspberry PiとかのLinux上で動作するプログラムを作るときにどうしていますか、 Raspberry Pi 上で make […] Posted in Linux
  • Raspberry Pi 3 に CentOS 7Raspberry Pi 3 に CentOS 7 これまでも何度も Raspberry Pi を初期化していますが、 今回はサーバー運用に定評がある CentOS(for armv7hl) を入れてみました。 その時の設定メモです。 補足 armv7hl とは、文字通り ARMv7 向けかと思いますが、Raspberry Pi 3は、ARMv8 です。 なので、本来であれば […] Posted in Linux
  • Raspberry Pi はじめました (第2回) – Arduino 用スターターキットを買って分かったことRaspberry Pi はじめました (第2回) – Arduino 用スターターキットを買って分かったこと 今回は、Arduino 用スターターキットを買って分かったことをまとめます。 ソフトウェア屋さんの目線から書いてます。 先週、Raspberry Pi を始めました。 それで、 Arduino 用スターターキット(Arduinoをはじめよう 互換キット 20 in […] Posted in Linux
  • Raspberry Pi はじめました (第3回) – ハンダ付けしたい!Raspberry Pi はじめました (第3回) – ハンダ付けしたい! 作っていくうちにどうしてもハンダ付けをしないといけないことが出てきます。 例えばですが、何か機能を持っている基盤を秋月電子で購入すると、 ブレッドボードに接続するために、足だけはハンダ付けしないといけません。 というわけで、ここではハンダ付けとか、 そういう色々作るにあたって、揃えたほうがいいものをまとめます。(今回も商品紹介\(^o^)/) ちなみに、大体がamazon合 […] Posted in Linux