今まで
Raspberry Pi はじめました (第1回)
Raspberry Pi はじめました (第2回) – Arduino 用スターターキットを買って分かったこと
Raspberry Pi はじめました (第3回) – ハンダ付けしたい

とラズパイ回、あったのですが、最近してなかったので久しぶりのラズパイ回です。

久しぶりすぎたので、仕切り直したいと思いますー。
というわけで、またラズパイ環境づくりから。


1. マイクロSDカードの準備
1-1. 新品を買ってきてもいいのですが、使っていないマイクロSDカードも利用できます。
1-2. 使っていないマイクロSDカードは、Win32 Disk Imager を使用してまるごとバックアップが楽です。
1-3. 推奨フォーマッターであるSD Card Formatter 4.0を起動。
1-4. 設定は「消去設定:クイックフォーマット、論理サイズ調整:ON」(FAT32でフォーマットされる。)
●●●
2. OSの準備
2-1. Raspberry Pi Downloads – Software for the Raspberry Pi へ行く
2-2. NOOBS を選択。
2-3. Download NOOBS for Raspberry Pi ページにつく
2-4. ダウンロード
2-5. マイクロSDカードの中に、NOOBSの圧縮ファイル(NOOBS_vX_X_X.zip)の中身を全て入れる。
●●●
3. Raspberry Piの起動
3-1. マイクロSDカード、マウス、キーボード、HDMIケーブル、LANケーブルを接続する
3-2. AC電源からUSB電源を作って、Raspberry Pi へ電源供給する。
3-3. Raspbianを選択し、下のメニューで日本を選択してインストールを押す
3-4. 再起動後に、OSが自動起動します
●●●
4. teraterm の準備
4-1. Tera Termをインストール
4-2. 端末の設定は、送受信を「UTF-8」、改行コードを「CR」にする
4-3. フォントの設定を日本語対応の物にして、文字セットを「日本語」にする
4-4. 設定の保存で、TERATERM.INIを上書きしておくと文字化けしない
●●●
5. SSHでログイン
5-1. SSHは最初から有効になっているので、Raspberry PI 上でターミナルを開き、ifconfigでIPアドレスを確認
5-2. Windowsでteraterm を開き、IPアドレスを指定する。
5-3. ユーザー名はpi、パスワードはraspberryでログインする。

ここで、よく使うコマンドをおさらいしておきましょう

コマンド名意味
pwd現在のローカルディレクトリを取得
cdディレクトリを移動
lsファイル、フォルダの一覧表示
cpファイル、フォルダのコピー
mvファイル、フォルダの移動
rmファイル、フォルダの削除
mkdirフォルダの作成
chmodファイル、フォルダの権限変更
catテキストファイルを表示する
nanoナノエディタ
touch空のファイルを作成
fileファイルの種類を調査
tailファイルの末尾を表示
grep指定した文字がある行だけを表示
history入力したコマンドの履歴
ps実行しているプロセスを表示
kill実行しているプロセスをプロセスIDで終了
killall実行しているプロセスをプロセス名で終了
manコマンドの使い方を表示
sudo reboot再起動
sudo shutdown -h nowシャットダウン
exitsshの終了
tar xf XXXXXXを展開する

●●●
6. 固定IPアドレスの設定
6-1. 今後、SSHで操作するために固定IPアドレスにしておきます。
6-2. これで設定ファイルを開きます(最新のOSだと /etc/network/interfaces ではないので注意)

sudo nano /etc/dhcpcd.conf

6-3. 「192.168.11.200」にしたい場合は、次の行を最後につけたして上書き

interface eth0
static ip_address=192.168.11.200/24
static routers=192.168.11.1
static domain_name_servers=8.8.8.8

6-4. 再起動しましょう

reboot

●●●
7. 【任意】OS上で日本語表示や入力に対応する
7-1. 全てSSHで行うので必要はないのですが、一応メモとして次のような方法があります。
7-2. ネット接続環境で下記を入力すると、日本語フォントとIMEがインストールされます。

sudo apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfont-kaname
sudo apt-get install fonts-vlgothic
sudo apt-get install ibus-mozc

●●●
今日はここまで!
ここまでで、アドレスは固定になったので、
ルーターの近くにおいて常時起動しておきましょう。

関連記事

  • Raspberry Pi はじめました (第1回)Raspberry Pi はじめました (第1回) Raspberry Pi が2015年12月22日に届き、いじったメモを書いていきます。 文字中心です……。ごめんなさい。 →最近、また1から環境を整え始めたので、その時のブログは「Raspberry Pi はじめました (第4回)」を参照 購入ものリストです。 ・Raspberry Pi Model B+ ・Raspberry Pi Model B+ / Pi 2 […] Posted in Linux
  • Raspberry Pi はじめました (第5回) – DDNS編Raspberry Pi はじめました (第5回) – DDNS編 Raspberry Pi はじめました (第4回) – はじめから の続きです。 8. フォルダでアクセスできるようにしよう 8-1. やっぱりWindowsPC上からアクセスしてファイル編集したい 8-2. そこで、これも以前にあったように、sambaをインストール sudo apt-get install samba 8-3. 設定ファイルを編集 sudo […] Posted in Linux
  • Raspberry Pi はじめました (第3回) – ハンダ付けしたい!Raspberry Pi はじめました (第3回) – ハンダ付けしたい! 作っていくうちにどうしてもハンダ付けをしないといけないことが出てきます。 例えばですが、何か機能を持っている基盤を秋月電子で購入すると、 ブレッドボードに接続するために、足だけはハンダ付けしないといけません。 というわけで、ここではハンダ付けとか、 そういう色々作るにあたって、揃えたほうがいいものをまとめます。(今回も商品紹介\(^o^)/) ちなみに、大体がamazon合 […] Posted in Linux
  • Raspberry Pi はじめました (第2回) – Arduino 用スターターキットを買って分かったことRaspberry Pi はじめました (第2回) – Arduino 用スターターキットを買って分かったこと 今回は、Arduino 用スターターキットを買って分かったことをまとめます。 ソフトウェア屋さんの目線から書いてます。 先週、Raspberry Pi を始めました。 それで、 Arduino 用スターターキット(Arduinoをはじめよう 互換キット 20 in […] Posted in Linux
  • Linuxで動作するCプログラムのデバッグ環境構築1Linuxで動作するCプログラムのデバッグ環境構築1 こんにちはー! 今回は、Linuxで動作するCのデバッグ環境の整え方をお話しします。 皆さんは、Raspberry PiとかのLinux上で動作するプログラムを作るときにどうしていますか、 Raspberry Pi 上で make […] Posted in Linux
  • Raspberry Pi 3 に CentOS 7Raspberry Pi 3 に CentOS 7 これまでも何度も Raspberry Pi を初期化していますが、 今回はサーバー運用に定評がある CentOS(for armv7hl) を入れてみました。 その時の設定メモです。 補足 armv7hl とは、文字通り ARMv7 向けかと思いますが、Raspberry Pi 3は、ARMv8 です。 なので、本来であれば […] Posted in Linux