3Dと言ったらやっぱりテクスチャ。

パーリンノイズを作ってみた。
ノイズの間は線形補完しています。
本当はバイキュービックとか、しっかりした補完がいいと思うのですが、技術力不足で無理でした。(>_<)

こんなのが出来上がるなんて、ランダムって不思議です!

自動生成を利用すれば、小さなファイルサイズでも、高解像度テクスチャを利用できます。


↑ライトのテクスチャもプログラムで生成してみました。

他にも波の高さに用いたり、地形を作ったりできるそうです。
ただパラメータが面倒だったり、この後の加工が面倒だったりするので、
結局は他のソフトを使用して作ったものを利用しそう。(・ω・` )

関連記事

  • Javaで3Dゲーム開発日記 part5 画像補間Javaで3Dゲーム開発日記 part5 画像補間 以前の続きでテクスチャのパーリンノイズの補間法の話です。 いい加減補間について調べようといろいろとプログラムして作ってみました。 テクスチャなので、上下と左右が繋がるように補間します。 8x8px → 256x256px […] Posted in ゲーム制作
  • ビューア開発 – Javaで2D画像処理ビューア開発 – Javaで2D画像処理 4ヶ月間かけてのんびり勉強したJavaで、画像処理系ツール作ってます。 アルファ値対応で、対応形式はJavaTM Image […] Posted in ツール制作
  • ビューア開発 – 減色とか追加してみました。ビューア開発 – 減色とか追加してみました。 昨日、メディアンカット実装がんばりました! そして、やっぱりipmpackのほうメディアンカットが微妙にバグ持ちでした。 作り直した結果しっかり1色~256色とかどんな色までにも減色できるようになりました。 というか今までRGBを555の15bitsで計算してたけど、 別に16bits内におさめるとかそういう話じゃないから普通に増やしても問題なかった。 […] Posted in ツール制作
  • ビューア開発 – バイラテラルフィルタ追加しましたビューア開発 – バイラテラルフィルタ追加しました 前々から追加追加しようと思って、初めて作ってみた。 日本語の資料がtpotさんのバイラテラルフィルタしかなくて、勉強するのが大変でした。 海外のサイトはもっとよくわかんない謎の式だらけ。 要約すると、バイラテラルフィルタってのは、注目画素の輝度と、フィルタ処理する時の近傍画素の輝度の差(距離)を マイナスの係数をかけて、指数関数の中れたもの を A […] Posted in ツール制作
  • ビューア開発 – アンチジャギ機能の追加ビューア開発 – アンチジャギ機能の追加 本当は夏休みは入ったらSTG作ろうと思ったけど、なかなか画像処理がやめられない。 今回は、メニューの1つにリスナーが2つくっついてるため2回ダイアログ出るバグを修正。 それと、プロパティに画像のピクセルの長さの他に、ディスプレイから見て何cmかも表示するようにしてみた。 あと、アンチジャギっていうのを追加してみた。 うん。たまには珍しい画像処理もいいかなって。 […] Posted in ツール制作
  • ビューア開発 – 印刷機能やドロップシャドウ機能などの追加ビューア開発 – 印刷機能やドロップシャドウ機能などの追加 久しぶりに更新。 っていっても3日しかたってないか^^; 追加点 ・設定ファイルで前回の位置や、設定を自動保存。 ・適当にページ設定・印刷追加。印刷のdpiとか設定できない。 ・露光量のアルゴリズムをほんのちょっとだけ修正。 ・マクロに、大正写真・色やけ・グロー・ドロップシャドウ追加。 ・背景にチェック追加。 ・大域平均値フィルタとメディアンフィルタに、他 […] Posted in ツール制作