う・・・

説明書書いてるうちに、もっとアルファチャンネルアピールするなら、
それ用の機能追加しないとなって思って、それ系の処理を追加してしまった。
あとバグ修正とか、GUIの強化してbeta2の公開。

・フォーカスブラーで、強度を1.0から調節できるように変更。
・フォーカスブラーで、強度が低い時、全体的に明るくなってしまうバグを修正。
・「常に最上面に表示」機能を追加。
・画像との境界を表示できる機能を追加。
・「背景の塗りつぶし」が利用できなかったバグの修正。
・アルファチャンネルを個別に読み込み・書き込み機能の追加。
・グレースケールの画像を読み込むと、明るくなってしまうJavaの仕様?を修正。
・表示のメニュー項目をちょっと変更。
・画像をD&Dでスクロールする際に、スクロール途中の更新に変更。
・「指定色の透明化」を追加。

なんか「指定色の透明化」で画像をダイアログ内に表示っていうのをやってみたんだけど、
以外にCanvasの使い方に慣れてきた。
コントラストやテーブルの表の表示や、ヒストグラムの表示とか、そういうのも出来そう。
でも、どうしようかな。うん。

とにかく、今度こそbeta2ということで、問題なかったら正式版公開にしようか。


完成した画像処理のツールは、こちらから試すことが出来ます。

関連記事

  • ビューア開発 – Javaで2D画像処理ビューア開発 – Javaで2D画像処理 4ヶ月間かけてのんびり勉強したJavaで、画像処理系ツール作ってます。 アルファ値対応で、対応形式はJavaTM Image […] Posted in ツール制作
  • ビューア開発 – 減色とか追加してみました。ビューア開発 – 減色とか追加してみました。 昨日、メディアンカット実装がんばりました! そして、やっぱりipmpackのほうメディアンカットが微妙にバグ持ちでした。 作り直した結果しっかり1色~256色とかどんな色までにも減色できるようになりました。 というか今までRGBを555の15bitsで計算してたけど、 別に16bits内におさめるとかそういう話じゃないから普通に増やしても問題なかった。 […] Posted in ツール制作
  • ビューア開発 – javaのexeラップと難読化と最大ヒープ領域ビューア開発 – javaのexeラップと難読化と最大ヒープ領域 二日前、難読化がよくわからないからexeでラップして公開してたけど、普通にexeからjar取り出せた^^; 具体的には、ラップ化にexewrapというのを使わせて頂いているのですが、 exe化した後、普通にリソースとして存在してました。 リソースではpack200という拡張子が「*.pack.gz」のような形で格納されているのですが、 普通にJava1.6のj […] Posted in ツール制作
  • ビューア開発 – 二値化専用処理の追加ビューア開発 – 二値化専用処理の追加 画像処理ツールに二値化専用処理を追加しました。 追加した機能は3つ、膨張・縮小・細線化です^^ ぜんぶ、白下地黒対象・黒下地白対象の切り替えと、4近傍・8近傍の切り替えが行えます。 2値化専用機能追加したってことは、輪郭線抽出機能を入れないと使えないね。 あと、トリミングとズーム追加出来れば正式公開できそう。 トリミングはいいとして、ズームは色々なアルゴリズ […] Posted in ツール制作
  • ビューア開発 – レンズフィルタと最頻値フィルタの追加ビューア開発 – レンズフィルタと最頻値フィルタの追加 名前今まで「写真補正ツール」だったけど、いい加減名前考えないといけない。 でも、昔から名前を考えるのが苦手です。 背景オレンジ色でもう自分的にいこうかなって思ってるから、「オレンジビューア」とか名づけてしまった。 変な名前かな。まあいいや^^; また変わるかもしれない。 名前に「色の名前」とか「動物・果物の名前」とか入ってるとオシャレな感じがする。 レンズフィ […] Posted in ツール制作
  • ビューア開発 – beta版完成ビューア開発 – beta版完成 オレンジビューア1.000 […] Posted in ツール制作