なたで日記

いろいろな思ったこと書きますヽ(^▽^ゞ)

地獄ってなんだろう part2

time 2007/12/24

地獄ってなんだろう part2

地獄の話を以前したけど、これは誰が決めるのだろうかをもう少し考えたい。

「良いこと」と「悪いこと」は文化によって違ってくるし
誰が公平に決められるのだろうか。

これは客観的には決められないと思う。
となると、「自分自身が少しでも悪いと感じる」
これが妥当になる。
極悪人というのも善悪を理解しているからこそ悪いことが出来る。

後はどの程度なのだろうか。
人を殺す罪と、牛を殺す罪、
どちらが重いのだろうか。

罪の重さというのも結局は主観的にしか決められないと思う。
牛より人間が大切だと感じられれば、人間を殺す罪の方が重い。
となり、最終的には、人を裁くのは本人ということに行き着く。
むしろ、本人しか裁くことが出来ない。

ここで、地獄への計算式は考えてみたい。

if(((主観的に善悪かの判断、0…善・1…悪)×主観的にみた罪の重さ)+… ≧ 地獄へ行ける罪の量){goto 地獄}

ここで右辺の「地獄へ行ける罪の量」これは誰が考えるのだろうか。
これもまた、今までの理由で結局は自分になると思う。
誰も蟻一匹踏み殺して地獄に落ちるとは思っていないだろう。

ここで言いたいのは、地獄があると仮定した場合、
自分が地獄に行かないと思えば地獄に行くことはないのである。
「地獄へ行ける罪の量」を増やせばよいのだから。
となると、主観的もありえない。

ここで、もう一つ考えたのだが、最新の社会情勢と文化、生物の生態、生き様などを全て把握した人なら、
公平に裁くことが出来るのではないか。
では、この把握はどうすればよいのか。




プロフィール

なたで

なたで

明るくて楽しいことが好きです!モノづくりや旅が趣味です!

RSS フィード RSS feed GitHub GitHub Twitter Twitter YouTube YouTube



sponsored link

タイムライン