暗号化完成しました。
といってもよくある方法なのですが、多分ぱっとみ分からないと思います。

ソースコードはスクリプト言語ではなく、機械語を埋め込んだためめっちゃ早いです。
メモリ上にある26.2MBのファイルを287msで暗号化出来ました。
実際はこんな大きなファイル扱わないので、もっとすぐにチェックが終わると思います。

やったね。

関連記事

  • 3Dネット対戦ゲーム作成日記 part303Dネット対戦ゲーム作成日記 part30 グラフと、ログインウィンドウにバージョンを表示するようにしました。 ちなみに、このグラフもmmo!が元ネタだったりします・・・! サーバーとクライアントの安定のために色々しました。 サーバーは、クライアント1人に付き、スレッドを3つ作成します。 1つは、通信の入力用スレッド、2つ目は、通信の出力用スレッド、3つめは総まとめのスレッドです。 スレッドを […] Posted in ゲーム制作
  • 3Dネット対戦ゲーム作成日記 part133Dネット対戦ゲーム作成日記 part13 3D表示部分で一番時間のかかるクイックソートの部分をC言語で機械語にしてみた #module ;クイックソート #deffunc qsort array qsort_index,array qsort_sort,int qsort_right,int qsort_left xdim QsortCode, 145 QsortCode.0 = […] Posted in ゲーム制作
  • 3Dネット対戦ゲーム作成日記 part63Dネット対戦ゲーム作成日記 part6 やったー 意外に簡単に裏面の処理ができちゃった! まさか2つのベクトルの外積の計算式がこんなところで役に立つなんて。 ただ1つの面を調べるのに8回もatan使ってます。 速度は大丈夫かな、描写速度よりは計算速度のほうが速いからいいけど。 だれか4点から右方向に回転か、左方向に回転か調べる方法でもっといい方法があったら教えて下さい^^ /*4点が左回 […] Posted in ゲーム制作
  • 3Dネット対戦ゲーム作成日記 part53Dネット対戦ゲーム作成日記 part5 やっぱりd3moduleの方法考えた! 四角って左巻き順で指定と右巻き順で指定とでは ベクトルかなんかで表向きと裏向きを表すことができるとか なんか物理で習ったような ってことで そういうふうにすれば裏を向いている面は描写しなくてよくなるから。 としたとしても、d3moduleの四角の面を張る命令があるから。 これを改造しないと無理なのかな、 […] Posted in ゲーム制作
  • 3Dネット対戦ゲーム作成日記 part183Dネット対戦ゲーム作成日記 part18 当たり判定を作る前に、もうちょっと描写の方をきれいにしていきたいと思います。 今日は地面の四角形を三角形4つに分割して描写するように改造しました。 あと、やっぱりテクスチャとか考えてみます。 それでゲーム時などのオプションでテクスチャの利用・分割り数など設定できるようにしたいです。 それと今の平面マップなのですが、もし海と地面を立体的にすると 地面が海に […] Posted in ゲーム制作
  • ドット絵用の拡大アルゴリズムの開発ドット絵用の拡大アルゴリズムの開発 前々から拡大について色々作ってたのですが、 ちょっと新作のフィルターが完成しました^^ 原理的にはまずニアレストネイバーで拡大して、 次に斜め線になるようなところに補間を入れていく。 処理の関係でドット絵専用フィルターになりそう と言うわけでちょっと結果をお見せします。 まず元画像はこちら 8bit design.様 よりDRAGON […] Posted in アルゴリズム