なたで日記

いろいろな思ったこと書きますヽ(^▽^ゞ)

ゲームに出てくる漢字が難しい

time 2008/01/06

ゲームに出てくる漢字が難しい

また「祠」や「注連縄」といった難解な漢字が出るゲームやってたら、
またぱっと読めない漢字が出てきたので、一度まとめてみました。

寄宿舎

「きしゅくしゃ」
他人の家の一部を借り、また、食事などの世話になること。[1]

妙子

「たえこ」
読めなかったので”ミョウコ”と読んでいました・・・
私人名って苦手なのですよねー

「かかと」
足の裏の後ろ。[1]

袚う

「はらう」
意味は、”祓う“と同じ意味とのこと。
どちらも読めませんが、まだ「祓う」のほうがイメージしやすいかも。

復日

「ふくにち」
後に調べたら、ゲーム画面では”後日(ごじつ)”でした。
オリジナルの古印体で読みにくいゲームなのです。

従来する

じゅうらいする (じゅらいする?)
“従来(じゅうらい)の~”っていう使い方は知ってたけど、”従来して”とか初めて知った。
で、国語辞典と漢字字典で、読み方や意味も調べたけど、謎のまま。
なんとなくだけど、使用している方の文章の文脈を見ると、
従来する“=”往来する・行き来する“っていう意味だと思う。
ここにきて、不安になったので、もう一回漢字をよく見たら、予想してた”往来(おうらい)”でした。
ゲームの画面の文字がつぶれて読みにくいのです!!

車座

くるまざ
おおぜいが円形に座ること。[1]
“くるまずわり”って読んでた。”体育座り“の親戚のような。

[1] Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997




プロフィール

なたで

なたで

明るくて楽しいことが好きです!モノづくりや旅が趣味です!

RSS フィード RSS feed GitHub GitHub Twitter Twitter YouTube YouTube



sponsored link

タイムライン